スポンサードリンク

現物取引で株をはじめよう!

まず株の取引は2種類あります。

現物取引 
  
一般の株取引です。手持ちの資金で株を買います。例えば100万円の資金を持っていたら100万円分の株しか買えません。

普通の生活に例えるとローンはつかわない、借金はしないということです。

現物取引での株の売買のやり方

先に買って後で売る。

メリット
信用取引にくらべると圧倒的にリスクが少ない。


デメリット
買った株が値上がりしないと利益がでません。信用取引とくらべると儲けが少ない。


信用取引 

手持ちの資金を信用口座に預けてそれを担保にして証券会社から資金や株券を借りて行なう株取引のことです。

預けた資金のことを委託保証金といいます。これを担保に、資金の約三倍まで売買することができます。

普通の生活に例えるとローンをつかう。余裕で借金。ということです。

信用取引での株の売買のやり方

先に買って後で売る。  
(信用買い)要領は現物と同じやり方です。


先に売って後で買い戻す。
(信用売り)カラ売りともいいます。
株価が値下がりすることで利益がでます。

メリット  

現物取引より株の取引の幅が広がりうまくやれば大儲けできる。


デメリット 

現物取引より失敗した時は大損する。リスク大!
とくにカラ売りは気をつけなければいけません。リスクは青天井です。

例えば現物取引では100万円で買った株が倒産でもして紙くずになれば0円ですが、あたりまえですが100万損したことになります。

空売りの場合は株価は上がれば損をします。株価というものは下は最大0ですが上は制限がありません。株価はどこまで上がっていくかわからないからです。

株で失敗して大きな借金をしてしまう人はこのカラ売りの失敗によるものがほとんどです。

最初は大きく儲けるよりも大きく損をしないことを考えてください。

よって初心者の人は現物取引で株をはじめましょう!

しかし株の取引にも完全になれてリスクコントロールできるようになったら信用取引もいいでしょう。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。